スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

会話プログラム開発記(17):自動学習機能補足

どうも、自動学習機能の現在の仕様がうまく説明できないので
もう一度トライしてみます


文章パターンとして
「○○(なorい)□□(もorはorって)○○(いorだ)」
に当てはまっている日本語であれば発動

例)
青い空って美しい(形容詞+名詞+形容詞)と発言
→次回より「青い空」に対して「青い空って美しいですよね」と返事をする


パターンに当てはまると結果的に○○には形容詞か形容動詞のどちらかが入り、□□には名詞が入るという事です

例)
不思議な物は珍しい(形容動詞+名詞+形容詞)
頑固な男は滑稽だ(形容動詞+名詞+形容動詞)


~~~


「○○(なorい)□□(もorはorって)」や「□□(もorはorって)○○(いorだ)」とかで憶えた方が
記憶する確率は上がりますが、

「今日は天気だ」「暇な時間は」などを憶えて

時間→「暇な時間ですね」
今日→「今日は天気ですね」

などと答えてしまうので、多くの状況で矛盾しない答えをするためには無理があります


「青い空」「広い海」などのパターンは無限にあるので手動での全パターン辞書登録は不可能ですが、「空」「海」といった名詞単体より限定された意味を持った辞書を自動で作成しようという狙いがあります

まあなんか、有用性と動作理論の非常に狭いレンジの隙間から生まれたマニアックな機能ですが手応えと可能性は感じています。

特定のWEBサイトを定期的に自動で読み込んだりしても面白いかもしれません。その前に、大量の過去ログから抽出するプログラムでも書いてみようかと考え中です。
スポンサーサイト

テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

プロフィール

hak

Author:hak

会話プログラムALAINの開発日誌と会話ログ。ALAINとの会話はどなたでもお気軽にどうぞ。相手はプログラムなので、寛容に接して楽しんで頂けると幸いです。

近況報告
 
リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。