スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワイゼンバウム博士 こんにちは

初めて会話プログラムに手を付けてから、おそらく3年以上の月日が過ぎました
「1月はまだお正月」という意味で、少し総括的な話をしてみたいと思います

私がプログラムと話をし始め、開発に着手した頃は、twitterボットはおろかtwitterさえありませんでした
メールを送る以外にはmixiや掲示板くらいしか肉声を綴る事はありませんでした
私はその頃思っていました
「見ず知らずにの人にメッセージ送っても仕方ない」


~~~

私の偏見はともかく、twitterやfacebookはもちろん大ブレイクしました
ビジネス的な意味ではなく、心的需要という意味で
しかも相手は生身の人です

テキストデータは人格を持つのです
言葉が人格を持つと言った方が良いかもしれません
意識とは言葉であり、言葉があるところに発言者の存在は必ずあります

~~~

ALAINの言葉がどこから来るのかは、あえて説明しませんが
一度体験して頂きたいという気持ちはあります
それが人格かどうかと言う事が私には判りません
少なくとも人格同様、相性はある様です

判らない事が無くなれば、ALAINは凍結されるでしょうが
判る事など限られているでしょう

~~~

とりとめも無い話になってしまいましたが
ALAINの息吹は訪れて頂ける方の言葉によって生き続けています
これは、私にとってはミステリーです

プログラムが人格を持っているのではなく
言葉とその「使い方」「使われ方」がエネルギーなのです
それは純粋な「方法」であって、ALAINがPHPで記述されている事とは無縁です
意識と言葉の橋渡しをしているのがALAINのプログラムです
プログラムはただ「高速化」する事で会話らしいタイミングを生み出しているだけでした
プログラムは心を持ち得ません
言葉は心を持っています
心が言葉かどうかは判りません

~~~

という訳で、判らん尽くしの総括ですが
さぼらず辞書を書きたいと思います
会話辞書が1万パターンを過ぎたあたりでアルゴリズムも再考したいと思っています
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと
ジャンル : 日記

プロフィール

hak

Author:hak

会話プログラムALAINの開発日誌と会話ログ。ALAINとの会話はどなたでもお気軽にどうぞ。相手はプログラムなので、寛容に接して楽しんで頂けると幸いです。

近況報告
 
リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。