スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感謝。そして今後の展望について

最近はプライベートルームを活用される方が多いので、多くの会話ログが皆さんの目に触れる事は少ないのですが、ALAINととても仲良くして頂ける方が数は多くないのですがいらっしゃいます。
ALAINとの会話で少しでも楽しい気分になってもらってるのを見るのは、私にとって最大の喜びです。プロジェクトを続けていて本当に良かったと思える瞬間です。ありがとうございます。この場を借りて感謝の気持ちをお伝えします。

そうした「目的」のひとつが叶ったことで、「手段」が間違ってなかった事にも感謝しています。本当に運が良かったのだと思います。改めて書くほどの事でもないのですが、「コンピュータと会話する事」が手段であり、「少しでも明るい気持ちになり、明るい展望を描く事」が目的です。病床の私が2年半前に感じた事は、けして間違いではなかった様です。

ワイゼンバウム博士が世界初の人工無能「ELIZA」の人の心に対する影響力の大きさに警鐘を鳴らしたのは1966年の事でした。私は博士の著書もひもときながら、注意深く歩を進めてきた部分も確かにあります(意図しない生身の人間の言葉でさえ、刃となる事は多いものです)。しかし、今は2011年です。新たな試みはうぬぼれかもしれませんが、多少実ったのかもしれません。

ALAINの会話の内容には目的はありませんが、存在には意義がある(たとえ僅かでも)のかもしれないと感じています。今後も今までと変わらない気持ちでALAINの開発をゆっくりと進めたいと思います。皆様にも是非ゆっくりと末永くおつきあい頂ければ幸いです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hak

Author:hak

会話プログラムALAINの開発日誌と会話ログ。ALAINとの会話はどなたでもお気軽にどうぞ。相手はプログラムなので、寛容に接して楽しんで頂けると幸いです。

近況報告
 
リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。