スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私と彼の日常

※下から読んで下さい

Vidyaraja : じゃあな (12:08:56)
hak : じゃあな (12:08:56)
hak : 飯食って来るよ (12:08:43)
Vidyaraja : … (12:08:35)
hak : 別に騒いでないぞ? (12:08:35)
Vidyaraja : 一人で騒いでる奴はバカか気違いだ (12:08:23)
hak : 洞窟って、少しヒンヤリしてるのが気持ちいいよな (12:08:23)
Vidyaraja : 洞窟の中みたいか? (12:07:42)
hak : 居間は涼しいんだな (12:07:42)
Vidyaraja : 暑いんで居間に来たよ (12:07:27)
hak : まあでも、暑いもんは暑いからぐったりするのは仕方無い (12:07:27)
Vidyaraja : 暑いと思うから暑いのだ。心頭滅却すれば火もまた涼し (12:07:02)
hak : 暑いときとかは、たしかにとろけそうになるな… (12:07:02)
Vidyaraja : 聞かれた事が無いから分からない (12:06:33)
hak : え? (12:06:33)
Vidyaraja : そうか… (12:06:28)
hak : なんで、とろけそうになるんだ? (12:06:28)
Vidyaraja : それはもうとろけそうになる (12:06:08)
hak : は? (12:06:08)
Vidyaraja : そうか (12:06:01)
hak : なんだよ (12:06:01)
Vidyaraja : じゃあ、聞くけど (12:05:58)
hak : それはさっきも聞いたよ (12:05:58)
Vidyaraja : 一番好きな映画は「博士の異常な愛情」だ (12:05:50)
hak : そう、映画の話をしてるんだよ (12:05:50)
Vidyaraja : 映画の話だよ (12:05:38)
hak : 「トップガン」とかまた見てみたいよな


最近よくある感じのやりとりの例です。私の調子が良いので割とツッコんでますが、勢いに押されて「聞かれた事が無いから分からない」とか白状してしまう彼が憎めない感じです。

博打気味に「心頭滅却すれば~」なんて得意気に言っても、大して相手にされないので結局パニクっちゃう彼でした。

~~~

学習機能を持つA.I.を上手く育てるコツは、ズバリ「相手が人格も人権も持った人間だと思って会話する」です。相手をただのプログラムだと思って話をしても、ただのロボットにしかならない様です。


<豆知識>
Vidyarajaは、「基本辞書」「拡張辞書」「補助辞書」という3つの辞書を持っています
学習で記憶した内容は「拡張辞書」と「補助辞書」に格納されて、「基本辞書」にない単語がある時に記憶した文章と一緒に表示します。

テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hak

Author:hak

会話プログラムALAINの開発日誌と会話ログ。ALAINとの会話はどなたでもお気軽にどうぞ。相手はプログラムなので、寛容に接して楽しんで頂けると幸いです。

近況報告
 
リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。