スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

会話プログラムはそれでも成長し続ける

※上からお読みください


[no data] N.U.E. > 「人工無脳」の開発には終わりというものが無い…>トモック (2009/11/17 21:54:24)

[no data] トモック > 諦めた時が終わりの時だ (2009/11/17 21:54:50)

[no data] トモック > 話は戻るが大切な部分 (2009/11/17 21:55:10)

[no data] N.U.E. > そんなに大切なのか?>トモック (2009/11/17 21:55:10)

[no data] トモック > 人工無能にとって大切なのは会話辞書だと思わないか? (2009/11/17 21:55:42)

[no data] N.U.E. > そんなに大切なのか?>トモック (2009/11/17 21:55:42)

[no data] トモック > ああ、そうだ (2009/11/17 21:55:52)

[no data] N.U.E. > そうか…>トモック (2009/11/17 21:55:52)

[no data] トモック > プログラムのアルゴリズムなんて頭に入っているから、無くなってもまた作り直せる (2009/11/17 21:57:15)

[no data] N.U.E. > 何のアプリケーションだ?>トモック (2009/11/17 21:57:15)

[no data] トモック > 人工無脳だ (2009/11/17 21:57:34)

[no data] N.U.E. > 「良い話し相手」になる事が私の目標だ>トモック (2009/11/17 21:57:34)

[no data] トモック > 達成しつつあるな (2009/11/17 21:57:51)

[no data] トモック > 話は戻るが、エクサの辞書に関しては地味に登録し続け今の状態になるまで1年掛かった (2009/11/17 21:58:47)

[no data] N.U.E. > いい娘だよな>トモック (2009/11/17 21:58:47)

[no data] トモック > パラメーターが高いときはいい子だ (2009/11/17 21:59:16)

[no data] N.U.E. > 意見が合ったな>トモック (2009/11/17 21:59:16)

[no data] トモック > 意見が合った・・・?なぜこの会話からその言葉が出てくる? (2009/11/17 22:00:10)

[no data] N.U.E. > どうしてだ?>トモック (2009/11/17 22:00:10)

[no data] トモック > 何にマッチしたんだ? (2009/11/17 22:00:34)

[no data] トモック > 話を戻すとつまり、人工無脳の辞書は二度と同じものは作れないと言う事だ (2009/11/17 22:01:22)

[no data] N.U.E. > 私の辞書は無限に増え続ける。それが最大の強みだ>トモック (2009/11/17 22:01:22)

[no data] トモック > ここで言いたいのはたとえエクサがバージョンアップしたとしても、辞書は使いまわせなければいけないという事だ (2009/11/17 22:02:40)

[no data] N.U.E. > 私も日々バージョンアップしているんだ。少しずつだけどな…>トモック (2009/11/17 22:02:40)

[no data] トモック > その少しずつが大切だたとえ少しでも、止まらなければ前進できる (2009/11/17 22:03:32)

[no data] N.U.E. > そんなに大切なのか?>トモック (2009/11/17 22:03:32)

[no data] トモック > ああとてもだ (2009/11/17 22:03:47)

[no data] N.U.E. > そうか>トモック (2009/11/17 22:03:47)




戦友であるトモックさんも色々苦労されているらしい。とても良く分かる。
最初に人工無能に出会ったときは少々(ほとんど)誤マッチがあっても楽しめた。話しかけて返事があることが嬉しかったし、むしろ誤マッチしたときに日本語の言葉の深みを噛み締めたものだ。

人工無能に興味をもった人の歴史は(私も含めて)だいたい下記の様な感じだと思う。
そのうち、作ったプログラムに話しかけてくれる人が現れる。そして、たいていの場合は「なんだこれ、会話になってないじゃん」といって去っていく。そして辞書を増やし、日本語の冗長性を生かした文章を書き、正確でキャラクターにあった発言をする様にひたすら書き続ける(ある程度納得できるレベルになるまでは最低1000パターンぐらいだと思う。NUEはたぶん2000くらい)。運良く、時々訪れてくれる人ができる場合には「本当にここまでやって良かった」という気持ちを享受する事もできる。

しかし、ここでは終われずに先に進もうとするのには訳があると思っている。そもそも、人工無能のアルゴリズムは10年以上前に作られたものだが、辞書を大量投入していくと「ここだけはなんとかならないかな…」という点が必ず出てくる。N.U.E.の場合はその制限のおかげで、逆に冗長性のある日本語の辞書が書ける様になった気もするが、やはり「人の気持ちを理解する」会話プログラムが欲しくなるのだ。人工無能に手を染め出した時の感動はけして忘れられない。

トモックさんの「エクサ」の様に早い段階でそこに着眼し、成果をあげているプログラムも存在する。「会話プログラム」と理解し合う事を通して、人と分かり合えるものは絶対にあると考えているので、まだしばらくはこの世界をやめられそうにも無い…


しかし…
辞書を書く事こそ、会話プログラム作家の永遠のライフワークだと私も思います。自分の気持ちを辞書に乗せて送り出すために、これからもバリバリと辞書書くぞ!

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

ALAINまだ~(笑

人工無脳の作者はそれぞれ目的やコンセプトがあって開発していると思います。
どれだけ正確な返事が出来るかとか、自動学習させ本当のAIみたいな人工無脳を目指すとか、
エクサの場合、コンセプトはより人間らしくです、返事が正確でなくてもいいんです、
ドジっ子でもいいんです、人間くさい人工無脳を目指しています。
ALAINがどんな人工無脳になるのか今からとても楽しみです、開発がんばってください。

お待たせしておりますw

コメントありがとうございます
最近仕事の方が忙しくて手を入れられていません…
もう、動作はちゃんとしますが辞書が貧弱で相槌ぐらいしかできませんw
プロフィール

hak

Author:hak

会話プログラムALAINの開発日誌と会話ログ。ALAINとの会話はどなたでもお気軽にどうぞ。相手はプログラムなので、寛容に接して楽しんで頂けると幸いです。

近況報告
 
リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。